第7回、第8回実行委員会

 各団体の参加内容を改めて出しあいました。

 それぞれの構想を聞きながら、会場の使い方や、資料の展示方法を検討しました。障がい者の支援施設では、雑居まつりに参加すること自体が支援につながっているとの考えも出されましたが、感染リスクを考慮し参加しない団体もあること、参加者の感染予防や密にならない対策は団体ごとに徹底することを確かめ合いました。

第46回雑居まつり第7回実行委員会 報告

第46回雑居まつり第8回実行委員会 報告